伊根の舟屋の楽しみ方│展望台、遊覧船、体験ツアーなど

京都府の北部・丹後半島の北端に位置する伊根町は舟屋が有名です。伊根湾に沿って230軒の舟屋が立ち並ぶ町並みは、国の「伝統的建造物群保存地区」に選定されています。1階が船のガレージになっているため、まるで建物が海に浮いているように見える舟屋群。伊根でしか見られない光景を実際に見に行ってみませんか?この記事では伊根の舟屋についてご紹介します。

伊根の舟屋とは

伊根の舟屋は伊根湾の入江を取り囲むように230軒が立ち並んでいます。水際ぎりぎりに切妻面を向けて並んでいる姿は昔懐かし風情を感じさせます。舟屋とは、船を海から引き上げ、風雨などから守るための施設です。昔の船は木造船だったため、劣化しないように乾かす必要がありました。そこで舟を一艘収納できる程度の藁葺きの小屋が建てられたのが舟屋の始まりといわれています。現在のように瓦葺きの2階立てになったのは、明治〜昭和初期だそうです。

伊根湾は日本海側でも少ない開口部を南に向けた入江で、東・西・北を山に囲まれています。湾の入り口の青島が天然の防波堤の役割を果たすことや、年間を通して潮の満ち引きが少ないこと、海が急に深くなっていて波が立ちにくいことなどによって湾内は1年を通して穏やかです。

舟屋の楽しみ方

伊根を訪れたら風情ある舟屋をじっくり見学したいですね。近くを散策したり、海から眺めたりなど、さまざまな舟屋の楽しみ方があります。舟屋の中に入ってみたい方は、内部見学ツアーに参加してみましょう。

伊根浦公園からの眺めを楽しむ

伊根町観光案内所の向かい側にある伊根裏公園は、伊根湾に面している展望公園です。舟屋の街並みを間近で見られる絶好のロケーションなので、舟屋群を見物したい方にはぜひ訪れてほしいスポットです。ベンチもありますので、ゆっくりと腰掛けて海と舟屋の光景を眺めることができます。

展望台から伊根湾を一望する

国道178号線に接続する府道伊根港線沿いの「道の駅・舟屋の里 伊根」は高台にあるため、展望台から伊根湾を一望できます。海岸線に舟屋が並ぶ光景を見るのにおすすめのスポットです。

2Fの「レストラン舟屋」は伊根湾で獲れた新鮮な魚を刺身や海鮮丼、あら煮などで食べられるレストランです。冬は伊根湾で獲れたブリの刺身やしゃぶしゃぶ、夏は岩牡蠣など、季節ごとに旬の魚介を楽しめます。1Fでは魚の干物やへしこなどを販売。伊根の舟屋群を展望台から見学した後は、食事や買い物を楽しんではいかがでしょうか。

  • 住所:京都府与謝郡伊根町字亀島459
  • TEL:0772-32-0680
  • 開設時間:9:00〜17:00(トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用可能)
  • 休館日:原則火曜日

伊根湾めぐり遊覧船

遊覧船に乗れば、伊根湾に立ち並ぶ舟屋の光景を海側から見られます。陸から見る舟屋とは違った趣がある町並みを楽しんではいかがでしょうか。遊覧船は30分に1本運行していて、所要時間は約25分です。遊覧船に群がるカモメの餌やりも体験できまるので、興味がある方は日出駅売店で餌を購入しておきましょう。天候によっては欠航になりますので、当日は公式サイトの運行情報をご確認ください。

  • 名称:伊根湾めぐり遊覧船 
  • 住所:京都府与謝郡伊根町字日出11
  • TEL:0772-32-0009
  • 営業時間:午前9時~午後4時(毎時00分、30分発)
  • 料金:大人1000円 小児500円(乗船券は乗り場または観光案内所でご購入ください)
  • アクセス:バス停「伊根湾めぐり・日出」下車
  • 所要時間:約25分
  • 公式サイト:https://www.inewan.com

海上タクシー

少人数で遊覧船を利用する場合は海上タクシーの利用もおすすめです。海上タクシーは、地元の船頭さんが自分の船でガイドしながら伊根湾を周遊してくれます。伊根の歴史や舟屋についての説明を聞きながら、海から見る舟屋群の光景を楽しめるでしょう。5名までの少人数なら当日予約なしで乗船できるので、気軽に利用しやすいです。

  • 名称:海上タクシー(小型遊覧船)
  • 営業時間:おおむね9:00〜17:00
  • 料金:大人1,000円
  • 所要時間:約30分
  • 定休日:不定休
  • 公式サイト:https://www.ine-kankou.jp/view/seataxi

舟屋をめぐる体験ツアーに参加する

ガイドさんの案内で伊根町の魅力をたっぷり体験できるツアーが通年開催されています。このツアーに参加すれば、伊根の街並みの散策や公開舟屋の内部見学、「もんどり」という仕掛けの見学ができます。もんどりとは、魚のアラなどをカゴに入れて海の中に仕掛けておく漁のことです。ロープを引き上げると大きなカゴの中にサザエや魚が入っている「もんどり」の見学がこのツアーの人気の秘密です。

舟屋の暮らしを味わえる人気のガイドツアーなので、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

  • 体験名:舟屋ガイドとめぐる、まるごと伊根体験
  • 開催期間:通年(年末年始を除く)
  • 日程:【朝の部】10:15〜11:15【昼の部】13:00〜14:00
  • 料金:大人1,800円/中学生〜高校生1,300円/小学生無料(お一人で参加の場合は2,800円)
  • お問合せ:0772-32-0277(伊根町観光協会)
  • 公式サイト:https://www.ine-kankou.jp/active/marugotohirata

舟屋3ヵ所巡り

伊根の舟屋は個人の所有物なので自由に入ることはできません。しかし、3ヵ所の舟屋内部を見学できる体験プランもありますので、舟屋の中に入ってみたい方は、体験してみてはいかがでしょうか。こちらのプランは3軒の舟屋を巡り、普段使いされている舟屋の内部や、2階からの景色を見比べることができるというプランです。普段生活している方々と同じ風景を味わえるという貴重な体験ができます。

一番離れている舟屋でも片道5分程度なので、3ヵ所巡ってもさほど大変ではありません。外から見るだけでなく、内部も見て見たい方は、ぜひ体験してみてください。

  • 体験名:舟屋3ヵ所巡り
  • 開催期間:不定休
  • 日程:9:00〜16:00
  • 集合場所:伊根町観光案内所(バス停「伊根」より徒歩1分)
  • 料金:大人800円/小人400円(水曜日は大人600円/小人300円)
  • お問合せ:0772-32-0277(伊根町観光協会)

舟屋に宿泊する

伊根には宿泊できる舟屋もありますので、舟屋を体験したい方には宿泊をおすすめします。舟屋の宿は1日1組限定が多いため、周りを気にせずゆっくりとした時間を過ごせます。モダンな室内にリノベーションされた舟屋の宿もあり、大人の旅にぴったりです。日常を忘れ、潮風や波の音に耳を傾けて過ごしてみてはいかがでしょうか。

宿泊可能なオススメの舟屋については、こちらの記事で紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

素泊まりのみの宿泊施設は、夕食や朝食に近くの食事処をご利用ください。漁師さんが営む宿の中には獲れたての魚をふるまってくれる宿もありますので、普段なかなか食べられないような新鮮な魚介類を味わえるでしょう。また、目の前がすぐ海なので、釣りができる宿泊施設もあります。日本で最も海に近い暮らし・伊根町を存分に体験できるでしょう。

伊根へのアクセス

最後に伊根町へのアクセス方法をご紹介します。伊根町には電車がないため、車か路線バスをご利用ください。車の場合、大阪からは約2時間30分、京都からは約2時間です。大阪方面からも京都方面からも与謝天橋立ICからR176・R178を通って約30分で到着します。京都縦貫道が開通してから、自動車でのアクセスが大変便利になりました。

路線バスを利用する場合は、京都丹後鉄道「天橋立駅」または「宮津駅」から路線バスをご利用ください。行き先は「経ヶ岬」「蒲入」「伊根郵便局前」のいずれかです。天橋立駅から伊根までは約60分、宮津駅から伊根までは約65分です。

まとめ

伊根の見どころといえば、やはり舟屋です。散策したり、展望台や海上から見学したりして、伊根の舟屋の美しい光景を楽しみましょう。伊根の舟屋はほとんどが個人の私有地なので立ち入ることはできません。舟屋の内部を見学したい方は、ガイドツアーを利用するのがおすすめです。普段見ることができない舟屋の中を見学できますので、伊根を訪れたときはぜひ体験プランもご利用ください。

関連記事

  1. 伊根の宿泊できる舟屋10選

  2. 伊根町で宿泊したい宿7選│伊根の暮らしを体験しよう

  3. 伊根でおすすめの絶品ランチ12選

  4. 伊根町の散策中に利用したいカフェ6選

  5. 伊根観光におすすめのスポット7選│舟屋だけではない伊根の魅力に触れよう