伊根観光におすすめのスポット7選│舟屋だけではない伊根の魅力に触れよう

舟屋が有名な伊根町は、美しい光景が楽しめるとして多くの観光客が訪れます。しかし、見どころは舟屋群だけではありません。舟屋以外にもさまざまな見どころがありますので観光スポットを回って伊根を満喫しましょう。今回は、伊根観光におすすめのスポットをご紹介します。

まずは伊根町観光案内所に立ち寄ろう

伊根の舟屋群の中に位置する伊根浦公園の向かい側に伊根町観光案内所があります。こちらでは案内図や各種パンフレットが用意されているほか、デジタルサイネージで最新の観光情報が掲示されているので、観光の最初に立ち寄ることをおすすめします。わからないことがあれば、観光協会のスタッフが案内してくれるので尋ねてみましょう。

また、伊根町観光案内所では、「伊根町コミュニティサイクル(無料自転車)」の貸し出しもおこなわれています。大人用が10台、子供用が3台なので台数に限りがありますが、利用料金は無料です。伊根町を自転車で観光したい方は、借りてみてはいかがでしょうか。

利用方法

  1. 伊根町観光案内所に備え付けの申込書に必要事項を記入する
  2. 申込書を観光案内所のカウンターに提出する
  3. 受付時に保証料として1組2,000円を支払う

利用上の注意

台数に限りがあるので、借りられない場合もあります。また、貸出・返却場所は伊根町観光案内所のみなので、使い終わったら観光案内所に返却しましょう。宿泊施設までの移動に利用する場合はカウンターで施設名を伝えてください。

利用時間に制限はありませんが、16:45までに返却してください。利用料金は無料ですが、最初に保証料として1組2,000円必要です。保証料は自転車返却時に返金されます。

  • 住所:京都府与謝郡伊根町字平田491
  • TEL:0772-32-0277
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 定休日:年末年始
  • アクセス:バス停「伊根」より徒歩1分

伊根観光でおすすめのスポット

伊根観光におすすめのスポットを7つご紹介します。伊根への旅を検討している方は、プランを立てるときの参考にしてください。

伊根の舟屋群

伊根の舟屋は1階が船のガレージ、2階が居住スペースという建物構造で、伊根湾の入江に230軒ほど立ち並んでいます。平成17年に漁村では全国初となる重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

まずは歩いて舟屋郡を散策しましょう。海に面した伊根浦公園は、舟屋郡を間近に見ることができます。有料ですが伊根浦公園駐車場がありますので、マイカーの方にも便利です。

伊根の舟屋は地元の人にとって生活の場で私有地なので、勝手に入ることはできません。舟屋の内部を見たい方は、内部見学ツアーを利用すれば実際に入ることができます。伊根町観光協会主催の体験メニューに「舟屋3ヵ所巡り(舟屋内部見学)〜見比べて、ワクワク楽しぃ♪〜」「舟屋ガイドとめぐる、まるごと伊根体験」などがありますので、参加してみてはいかがでしょうか。

遊覧船で伊根湾めぐり

伊根では遊覧船に乗って伊根湾を観光するのもおすすめです。海上から見る舟屋の情緒あふれる風景は、陸から見るのとは違う趣があります。また、遊覧船にはカモメが集まってくるので、エサやりを楽しめることも楽しみの1つです。カモメのエサは遊覧船の日出駅売店で販売されていますので、購入しておくとエサやりを楽しめます。日出駅には、ここでしか買えない伊根プリンなども売っているので、お土産にもおすすめです。

  • 料金:大人1,000円/小人500円
  • 運行時間:始発9:00〜終発16:30(毎時00分・30分出航)
  • 周遊時間:約25分
  • 公式サイト:https://www.inewan.com

浦嶋神社(宇良神社)

昔話や童謡で日本人にとってなじみ深い浦島太郎。伊根の舟屋から北に約10kmの浦嶋神社は浦島太郎発祥の社です。浦島伝説は日本各地で語り継がれていますが、伊根町の浦島伝説は風土記や日本書紀、万葉集にも記され、とくに和銅年間に書かれた「丹後國風土記」(713~715年)の記述が浦島伝承の最古とされています。

宝物資料室には、浦島太郎が持ち帰ったとされる「亀甲紋櫛笥二合(玉手箱)」や浦島伝説の様子が描かれた「浦嶋明神縁起絵巻(掛幅形式)」などが展示されています。浦嶋明神縁起は浦島太郎が釣った亀が乙姫に変わり、竜宮城に導く物語が描かれていて、宮嶋宮司が絵解きをおこなってくれます。こちらは要予約なので、興味がある方は申し込んでおきましょう。

【浦嶋神社・宝物資料館】

  • 住所:京都府与謝郡伊根町字本庄浜141
  • 開館時間:9:00〜16:30
  • 料金:700円(要予約)
  • お問合せ:0772-33-0721
  • アクセス:京都丹後鉄道宮豊線「天橋立」駅から丹海バスで75分「浦嶋神社前」下車、徒歩1分
  • 公式サイト:https://urano-kamuyashiro.amebaownd.com

新井崎神社(にいざきじんじゃ)

新井崎神社は徐福を祀った神社です。徐福とは、今から2200年前に秦の始皇帝の命で不老不死の薬草を求めて日本に渡来した人物です。徐福に関する伝承は日本各地にありますが、伊根町の新井崎に住み着き、医療・天文・占い・漁業・農耕などを教えたとされています。里人たちは徐福を慕い、死後は産土神として新井崎神社に祀りました。海上安全、漁業の神として信仰を集めています。

  • 住所:京都府与謝郡伊根町字新井8-3
  • お問合せ:0772-32-0277(伊根観光協会)
  • アクセス:京都丹後鉄道宮豊線「天橋立」駅から丹海バスで65分「大原口」下車、徒歩20分

道の駅 舟屋の里伊根

「道の駅 舟屋の里伊根」は丘陵地にあり、舟屋の町並みが眼下に広がる絶好のロケーションです。ここには伊根を舞台にしたNHK連続テレビ小説「ええにょぼ」撮影地の記念碑もあります。

道の駅内の飲食店では、伊根漁港で水揚げされた旬の魚料理が味わえます。舟屋群の景色を眺めながら、漁港町ならではの新鮮な魚料理を味わってはいかがでしょうか。お土産店もありますので、ドライブ途中に立ち寄ってみてください。

  • 住所:京都府与謝郡伊根町字亀島459
  • TEL:0772-32-0680
  • 営業時間:9:00~17:00(トイレや駐車場は24時間使えます)
  • 休館日:原則火曜日
  • 公式サイト:https://www.ine-aburaya.com/michi-no-eki/

向井酒造

向井酒造は1754年創業の地元で愛されている造り酒屋です。平成11年から杜氏を努めるのは、大学の醸造科で学び、京都府初の女性杜氏となった向井久仁子さん。就任後は苦労もあったそうですが、令和元年に開催されたG20大阪サミットの昼食では向井酒造の「伊根満開」が使われ、一躍有名になりました。「伊根満開」は古代米・赤米を使った赤い日本酒で、甘酸っぱい果樹酒のような味わいが特徴です。観光客も多く訪れる人気スポットなので、日本酒が好きな方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

  • 住所:京都府与謝郡伊根町平田67
  • TEL:0772-32-0003
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:月曜日
  • アクセス:バス停「伊根」より徒歩5分
  • 公式サイト:http://kuramoto-mukai.jp/index.html

舟屋日和

舟屋日和は伊根漁港のすぐ近くにある観光交流施設です。伊根湾の景色を眺めながらコーヒーやケーキが味わえる「INE CAFE」や、伊根湾で揚がった新鮮な海の幸を堪能できる寿司割烹「海宮」が入っています。また、「伊根祭り」で使用される祭礼船置き場もあり、自由に見学可能です。海を眺めながらゆっくりとした時間が過ごせるスポットなので、散策中のお食事や休憩にお立ち寄りください。

  • 住所:京都府与謝郡伊根町字平田593番地1
  • TEL:0772-32-1700(代表)
  • 定休日:水曜日、他
  • 公式サイト:http://funayabiyori.com

まとめ

伊根観光におすすめのスポットを7つご紹介しました。美しいロケーションや水揚げされたばかりの新鮮な魚料理、歴史が感じられる興味深いスポットなど、伊根には見どころがたくさんあります。穏やかな海と舟屋の風景を目にすれば、きっと心が癒されるでしょう。都会の喧騒から離れ、リフレッシュしたくなったときは、ぜひ伊根を訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 伊根の舟屋の楽しみ方│展望台、遊覧船、体験ツアーなど

  2. 伊根の宿泊できる舟屋10選

  3. 伊根町で宿泊したい宿7選│伊根の暮らしを体験しよう

  4. 伊根でおすすめの絶品ランチ12選

  5. 伊根町の散策中に利用したいカフェ6選